2016/02/11の夕食

2018/04/09

今日の夕食は、トラウトサーモンのムニエル、アスパラガスの塩焼き、プルコギ、キムチ鍋(麺入り)です。

f:id:TOMOYASU:20160212062637p:plain

トラウトサーモンは、この前一切れ100円で買ったもの。アスパラガスは、1束100円のものを2束、プルコギは、半額の175円の牛肉ともやし、キムチ鍋もアルミホイル鍋セットになっていたものが半額で198円

と、一人前、400円の豪華な夕食になりました。

アスパラガスの塩焼きは、瀬尾幸子さんの「ラクうまごはんのコツ」で紹介されている調理法で作りました。激ウマです。

ラクうまごはんのコツ [ 瀬尾幸子 ]

味付けは、塩コショウのみです。

f:id:Akkiesoft:20090904013234p:image
h:keyword:初音ミク千枚筆ならしでその後なぜか逆立ちミクが流行ってしまったので……w

今回はダークネスファイブの後日談!

ダダ!

べロクロン戦か

しょーもな!w

アホやんw

デデーンw

バレル「解せぬ」

次回はジョー二アス登場!

END

ドーベルマン

2018/03/10

フレンチ・ハリウッドとも言うべきフランス映画。ヴァイオレンスでスタイリッシュでソリッドな悪党映画。フランスらしいセンスの良さが前面に出ているクソッタレ犯罪映画でした。僕は好き。困ったときはウンコネタなところがフランス。そういえばフランスガンアクションはレボレバ大好きだなぁ。まぁGIGNがメインアームにレボレバ装備するような国だからな。六発で何をしろと? ともかく悪党のキチガイアーパー大暴れ映画としては上出来です。スタイルもあるしね。

鉄拳5

2018/03/10

はいはい今日も鉄拳鉄拳鉄拳ですよ。ペク先生メイン気味に。勝ち負け半々ぐらいでした。ペク先生を触ってからフェンもなんか動きよくなった感じ。やっぱいろんな血を混ぜるといい効果が生まれるということなのかもしれないなぁ。今日はとても楽しく対戦できた。良かったよかった。

残すところ2曲です。

さあ〜ラストスパートだ。

 

f:id:gemrock:20170624084959j:image

 

名盤になるかはここからですよ。

 

f:id:gemrock:20170624085025j:image

f:id:gemrock:20170624104347j:image

f:id:gemrock:20170624104401j:image

メンバーコメント。

10曲目です。

詞 曲 清水

 

きましたよ。

f:id:gemrock:20170624105309j:image

このくらいです。

 

若干サビが弱いが文句なし。

メロディアスな実に今のアンセムらしい名曲だ。

 

今回の清水の曲ではベストだ。

 

そしてラストだ。

 

f:id:gemrock:20170624105521j:image

メンバーコメント。

アルバムのタイトル曲。

詞 曲 リーダー

 

最後にやってくれました。

f:id:gemrock:20170624105606j:image

このくらいのガッツポーズだ。

 

リフからかっこいい。

かっこいい系の曲です。

例えるなら[ソルジャー]を今のアンセムがレベルを上げた感じ。

 

新たな名曲ができました。

 

このラスト2曲でこのアルバムの印象はかなり変わります。

 

間違いなく名盤です。

 

再結成後だと1番かな。

 

ありがとうアンセムって感じかな。

 

f:id:gemrock:20170624105950j:image

リーダーありがとう!

f:id:gemrock:20170624110011j:image

森川ありがとう!

f:id:gemrock:20170624110036j:image

清水ありがとう!

f:id:gemrock:20170624110056j:image

田丸ありがとう!

 

とうぶんはベビロテします。

 

ANTHEMなんとなく興味湧きました?

 

では。 

 

どうも、こんにちは。

ポケんち第九回です。

第八回の録画ミス、すみませんでした。

f:id:PokeYuki:20160313183209j:plain

今回は大阪のポケモンEXPOジムに来た凛花ちゃんとヒャダイン!

f:id:PokeYuki:20160313183250j:plain

ポケモンEXPOジムとは?

ポケモンと喋れる様々なトレーニングプログラムを通して楽しめる一大アミューズメントパークなのです!

f:id:PokeYuki:20160313183353j:plain

まずは入り口で等身大のポケモン達がお出迎え!

良い笑顔。

f:id:PokeYuki:20160313183452j:plain

ジム内にはポケモンペラペラ翻訳機(有料)が無いと入れません。

f:id:PokeYuki:20160313184637j:plain

まずはリザードンのバトルコロシアムに行きます。

リザードンと会話できる……? 

f:id:PokeYuki:20160313184902j:plain

ディズニーのタートルトーク的なやつですね。

会場の席に観客が座って、スクリーンの3DCGに合わせて裏でスタッフさんが喋るという。

凛花ちゃん指名とかわかってるリザードン。

f:id:PokeYuki:20160313212924j:plain

続いてゾロアークのちょい悪道場に弟子入りします。

f:id:PokeYuki:20160313213154j:plain

相変わらず凛花ちゃん指名入りまーす。

りんかの こわいかお!

f:id:PokeYuki:20160313213304j:plain

f:id:PokeYuki:20160313213319j:plain

むちゃくちゃカワイイじゃねーか!

ゾロアークも納得の可愛さ。

CGがちゃんとそれっぽい動きをするのが凄いですね。

f:id:PokeYuki:20160313213637j:plain

f:id:PokeYuki:20160313213650j:plain

f:id:PokeYuki:20160313213705j:plain

他にも何種類かアトラクションがあります。

わりと楽しそう。

確かアトラクションをクリアするとORASで配信ポケモンが貰えるんでしたっけ?

f:id:PokeYuki:20160313214018j:plain

f:id:PokeYuki:20160313214049j:plain

EXPOジム内のオフィシャルショップでたくさん買い物をして帰ってきた二人。

ここにしか売ってない限定グッズが盛りだくさん!

f:id:PokeYuki:20160313214416j:plain

そして今日のポケだち入場。

パンサー向井と生きてるだけで丸儲けさんです!

ポケモン好きモデル……?モデル……うん。モデルね。

f:id:PokeYuki:20160313214516j:plain

生きてるだけで丸儲けさんのポケモン歴は初代赤緑、金まではカードゲームもかなり遊んでいたとのこと。

その後海外留学などで一度離れ、アルファサファイアで復帰。

f:id:PokeYuki:20160313214651j:plain

続いてお父様の話に。

さんまさんは子育てには真面目なのでポケモンももしかしたら一緒にやってるのかもしれませんが…… 

f:id:PokeYuki:20160313214950j:plain

しょこたん「まあ、お父様は伝説のトークモンスターだから」

明石家テッポウオさん!

ちなみにIMALUさん、海外留学中に名前が難しいということで友達から「ピカチュウ」と呼ばれていたとのこと。

今日の服装もピカチュウ意識のコーデです!

f:id:PokeYuki:20160313215315j:plain

続いてパンサー向井。

「僕の名前サトシですからね!子供のころのあだ名はポケモンマスターでした!」

f:id:PokeYuki:20160313215447j:plain

しょこたん「サトシはポケモンマスターにまだなれてない!」

出た!オタク特有の細かい間違いにツッコんじゃうやつだ! 

f:id:PokeYuki:20160313215554j:plain

二週間前にORASを買って始めたばかりという向井。

これは出演決まってから慌てて買いましたね。間違いない。

f:id:PokeYuki:20160313215812j:plain

向井の手持ちポケモン。

ラグラージ♀やんけ!!!!

「男は伝説とか準伝説とか大好きですから」

またも公式で準伝説という単語を出してしまうのか……

f:id:PokeYuki:20160313215931j:plain  f:id:PokeYuki:20160313215944j:plain

ヒャダイン「腹立つから逃がそう全部」

いい笑顔(^o^)

f:id:PokeYuki:20160313220313j:plain f:id:PokeYuki:20160313220332j:plain

IMALUさんの好きなポケモンはイーブイ!

「いつもゼニガメ選ぶんですけど、電気タイプが欲しいときにはサンダースにしたりっていう自分のスタイルに合わせてパーティで活躍出来るのが良いですよね」

確かにそうなんですよね。

私は子供の頃ブラッキーにしたかったんですが、時間の都合でいつもエーフィになってたのを思い出しました。

f:id:PokeYuki:20160313221516j:plain

f:id:PokeYuki:20160313221551j:plain

改めて整列したイーブイフレンズ。

この人形全部揃えると凄い値段になるんで気をつけてください!

f:id:PokeYuki:20160313221658j:plain

IMALUさんが特に好きなのは、先ほどの話でも出たサンダース。

サンダーも居るのにサンダースというポケモンを出すというゲーフリの暴挙。

両方トゲトゲしてますし、案外サンダースはイーブイがサンダーの影響を受けたポケモンとか?

そうなるとシャワーズが謎ですが。

f:id:PokeYuki:20160313222018j:plain

ヒャダインが好きなのはグレイシア。

ヒャダインって氷系の呪文ですからね。

「髪型がなんか好き」

そう思っていた時期が僕にもありました。

後ろ姿を見るまでは……

f:id:PokeYuki:20160313222215j:plain

続いて凛花ちゃん。

「定番なんですけど……」と言いながら出したのはブラッキー。

しょこたん「いや全然定番じゃないと思うけど!?」

実際、どうなんですかね。

私は金銀までの五匹は全部好きなんですが。

f:id:PokeYuki:20160313222841j:plain

f:id:PokeYuki:20160313222858j:plain

「あんなに可愛かったのになんで悪の道に……」

ポケモンのタイプで悪タイプだけ属性というより本人の心持ちですよね。

辻斬りとか明らかに悪の技ですが、それを使った時点でそのポケモンは何タイプだろうと悪なのでは?みたいな。

f:id:PokeYuki:20160313223648j:plain

最後はしょこたん先生、やはり声優も務めたニンフィア!

f:id:PokeYuki:20160313223801j:plain

ここで、まだポケパルレを遊んだことがないという向井にポケパルレを伝授! 

f:id:PokeYuki:20160313224659j:plain

f:id:PokeYuki:20160313224721j:plain

ここだけ見るとニンテンドックスっぽい。

そういやこのゲーム何個マカロンあげても太るとか無いですね。

そこはたまごっちに負けてる。

f:id:PokeYuki:20160313224932j:plain

ここであばれるくんがオリジナルの新ブイズを考えてきました!

f:id:PokeYuki:20160313225639j:plain

あばれるくん「バリカンの石で進化する、ボウーズです!」

ヒャダイン「これはやりましたね……」

f:id:PokeYuki:20160313225749j:plain

最近あばれるくんポケんちに来てませんでしたからね。

FAで出て行った選手がたっぷり金稼いで申し訳程度に帰ってきたかんじ。 

f:id:PokeYuki:20160313225944j:plain

f:id:PokeYuki:20160313225959j:plain

無茶振りされる向井。

慌てて書いたスベリの石で進化するアバレール。

これもやっちゃいましたね……

「氷タイプで場を凍りつかせる」

f:id:PokeYuki:20160313230302j:plain

「冷えた場を暖めるおでんの石、チクワーブ」

もはや大喜利にもなってない、プロの芸人としてアウトなレベルですね。

f:id:PokeYuki:20160313230434j:plain

散々の酷評。

チクワーブはさすがに無い。

なんならちょっとヒトデマンっぽいし。 

f:id:PokeYuki:20160313230612j:plain

ここでIMALUさんが提案。

イーブイとその進化系のみを使ってのバトルをすることに!

f:id:PokeYuki:20160313230751j:plain

「しょこたんとかは強そうだからあばれるさんで」というご指名なので、ポケんちの威厳を賭けてあばれるくんが戦いますf:id:PokeYuki:20160314011037j:plain

あばれるくんの初手はシャワーズ、対するIMALUはサンダース。

残念ながら完全に出し負けてるのでこのままだとやられちゃう場面ですね。

f:id:PokeYuki:20160314011138j:plain

f:id:PokeYuki:20160314011226j:plain

おお!

あのあばれるくんが有利なポケモンを受け出しした!

リーフィアで10万ボルトを受けますが、余裕で耐えます。

f:id:PokeYuki:20160314011418j:plain

f:id:PokeYuki:20160314011431j:plain

次ターン、シャドボでミリまで削られますが返しのリーフブレードでサンダースを倒します。

ここまでは良い勝負ですね。

f:id:PokeYuki:20160314011641j:plain

IMALUの二体目はブースター。

ブイズはどいつも電光石火持ちの可能性があるのでここはリーフィア捨てでも良い場面ですが、サンダース、ブースターと来るとラストはシャワーズの可能性が高いと考えたのかあばれるくんはシャワーズを受け出します。

f:id:PokeYuki:20160314011845j:plain

しかしそれを読んだIMALUの馬鹿力!

普通にリーフィア捨ても有り得る場面なので、結構な読み当てですね。

というかポケんちでかつてこれほどまでに高度な読み合いと交代戦があっただろうか!?

f:id:PokeYuki:20160314012055j:plain

次ターン、二回目の馬鹿力でミリまで削られますが返しの波乗りでブースターを倒します。

ここまであばれるくん三対一と優勢!

f:id:PokeYuki:20160314012151j:plain

IMALUのラストはイーブイ。

というか多分ですけど、IMALUさんの手持ちはイーブイ+金銀までの五体ですよね。

f:id:PokeYuki:20160314012420j:plain

ここでイーブイこらえる→シャワーズ波乗り→イーブイミリ耐え、カムラ発動。

あれ?これヤバいのでは?

次ターンじたばたでシャワーズが倒されます。

f:id:PokeYuki:20160314012528j:plain

あばれるくん死に出しはニンフィア。

電光石火があれば勝ち確の場面。

シャワーズもそうでしたが、地味にこのニンフィアHPVで252振りされてるのでじたばた耐えるかもしれませんね。

f:id:PokeYuki:20160314012847j:plain

耐えまーせん!

ダメージ計算しましたが、イーブイが意地っ張り適応力だとするとHP振りだけのニンフィアは最大火力じたばたで確定一発でした。

カムラ発動してるのでリーフィアに電光石火が無いと負けですね。

f:id:PokeYuki:20160314013251j:plain

あ……(察し)

まあ、電光石火あれば先に出してますよね。 

f:id:PokeYuki:20160314013347j:plain

f:id:PokeYuki:20160314013404j:plain

負けたあばれるくんをヒャダインがヒャダパルレで慰めます。

正直、ポケんち始まって以来一番のかなり良いバトルだったと思います。

f:id:PokeYuki:20160314013519j:plain

そして場面は変わり、唐突にポケモンバトルが強くなりたいという凛花ちゃん。

第七回で藤田ニコルにボコボコにされてからバトル熱が燃え上がってるみたいです。

f:id:PokeYuki:20160314013634j:plain

ロバート山本にポケモン弟子入り!

てかなんの説明も無く山本出てくるんですね。

f:id:PokeYuki:20160314013734j:plain

リザードンをエースにしてまずはバトルハウス20連勝を目指します!

普通のシングルだったら適当な旅パでも勝てるような……?

f:id:PokeYuki:20160314013920j:plain

f:id:PokeYuki:20160314013946j:plain

凛花ちゃんの勝てない要因として、技の構成を指摘する山本隊員、改め山本師匠。

現在の技構成をじゃんけんをパーとグーだけで戦っている状態だと指摘。

限定じゃんけん……グズは落ち、勝つのは知略走り人を出し抜く者……!

f:id:PokeYuki:20160314014407j:plain

リザードンの苦手なみずタイプへの対策として、日照りと相性の良いソーラービームを推す山本師匠。

打たれてるのが水ロトムというのがわかってますね。

f:id:PokeYuki:20160314014656j:plain

そして山本師匠の指導の結果、生まれ変わった凛花ちゃんのリザードン。

……いきなりガッチガチのテンプレ構成じゃねーか!!!!

さすがに凛花ちゃんがいきなりオーバーヒートとか使いこなせないような気がするんですが……

f:id:PokeYuki:20160314014840j:plain

大谷凛花ちゃんポケモン廃人への道、続く!

 

ということで今週も内容盛りだくさんだったポケんち第九回。

以下、軽く感想。

まずはポケモンEXPOジムですが、結構面白そうでしたね。

かつてあったポケパーク(ゲームじゃない方)はただの遊園地ってかんじでしたが、今回は近代的なかんじがしました。

あとはパンサー向井がポケモン好きなのかどうかはイマイチ分かりませんでしたね。

私は仕事の為にゲームやってるかんじがしましたけど、どうなんでしょうか。

逆にIMALUはわりと好感度上がりましたね。

アルファサファイア復帰勢ということですが、結構やり込んでる印象を受けました。

あとはあばれるくんは相変わらずネタは滑ってますがポケモンバトルは急成長を見せてくれました。

まさか役割理論に基づいた受け出しをあばれるくんがする日が来るとは……

余談ですが、あばれるくんの使用ポケモンはスタッフが用意したと思います。

理由としては、あばれるくんはポケモン交換の旅で手に入れた他人産ポケモンしか基本的に持ってないはずですが使用された三匹はしっかり努力値振りがされていました。

H極振りのシャワーズ、ニンフィア、HP16n-1調整のリーフィア。

IMALUさん側はどうかわからないですが、こらえる+じたばたなど知ってないと出来ない動きなので、自己産なのかな?みたいな。

そして最後に出てきた山本師匠、どんどん鍛えて凛花ちゃんをポケ廃の道に引きずり込んでほしいですね!

これは来週からも見るしかないぜ!

 

前回

次回


掟ポルシェってずっとガレッジの川ちゃんに似てると思ってて、でも最近なでしこキャプテンにそっくりってことになったので、つまりはなでしこ澤さん≒ガレッジ川ちゃんてことか

物事とか人物、世の中は自分の視点をずらせば、また別の面が見えてくることも多いものです。

「人のせいにして輝いている人はいない」という人は、フィルターにかけてそういう人間しか目に入ってこないようにしているのです。

なぜなら人のせいにしていても輝いている人が存在すると、人の世は矛盾が存在する不可知な世界であることを認めてしまうために、彼女が輝くべき理論が総崩れになってしまうことを本能的に察知しているのでしょう。

 

「自分のダメなところはなるべく世の中・政治・役所・他の連中のせいにしましょう」という言葉は実はわたしのオリジナルではなく、昔懐かし「だめ連」の会としてのスローガンでありました。

有名な「だめ連」宣言の一部のようなものですが、「だめ連」の上のほうの人たちはそれは魅力的な人たちでしたし(話芸があったし、高学歴・大企業経験者だし、私生活はまったく“ダメ”ではなく、かなりモテる人も多かった)、一躍スターになった人も何人かいました。

その後、湯浅誠さんたちと合流して“年越し派遣村”とかやっていましたが、湯浅さんも同じようなことを繰り返しおっしゃっています。湯浅誠も魅力的ですよねえ。

 

「人のせいにしない」というのは、「すべて自分で引き受ける」という意味なのですが、その前提としては、「人間は生まれながらにして完全に公平であり、平等である」という条件が揃わないとそういうことは「言ってはいけない」のです。

 

プロの医師はまず言わないです。患者さんを何万人も診察してきているから、世の中には不公平も理不尽も不平等も当然ある。割食う人は死ぬまで割食う構造苦もある。

 

「人のせいにしない」のが解決策であるのなら、格差論壇も社会政策も不要になってしまいます。つまり「人のせいにして輝いている人はいない」という人は人間の世界を見る時にフィルターで選別して“自分の見たい人だけ見ている人”なのです。

f:id:jun_53a_t:20160828121902j:image

新婚旅行ではヘルシンキから日帰りでムーミンワールドに行きました。

ツアーで列車などのチケットを手配する方法もありましたが、ネットで調べると簡単に行けることがわかったので、その方法を記録しておきます。

  • ヘルシンキ駅から鉄道でトゥルクまで
  • トゥルク駅からバスターミナルまでの道のり
  • バスを降りてからムーミンワールドまでの道のり
  • 参考になった書籍&ブログ記事

ヘルシンキ駅から鉄道でトゥルクまで

f:id:jun_53a_t:20160828121647j:image

列車のチケットは予約していませんでした。結果的には予約してなくても大丈夫です。席は空いていました。

駅では券売機か有人窓口で切符を買います。僕は券売機を使いました。英語対応、クレジットカード決済でとても楽です。

f:id:jun_53a_t:20160828122718j:plain

タッチパネルになっていて、触ると「helsinki-turku」と路線名が出るのでそれを押して乗る時間、人数を指定するだけです。

座席図を見て席を選ぶこともできるようでしたが、僕が使ったときは出発30分前を切っていたので指定をすることはできませんでした。

f:id:jun_53a_t:20160828121621j:image 現地での切符購入が心配な方はレイルヨーロッパのサイトから日本語で予約もできます。

列車のホームは掲示板で確認します。発車時間が近くなってもアナウンスなどは無いので、乗り遅れに気をつけてください。

 

この日は朝7時に利用しましたがキオスク、パン屋なども開いていて、乗車前に飲食物を買うことができました。ちなみに、車内販売もあります。コーヒー、水、パン、チョコなどを売っていました。

f:id:jun_53a_t:20160828121727j:image

列車の座席はちょい固め。テーブルが付いていて、その下には写真のようにゴミ袋も搭載!誰でも使えるフリーWi-Fiもあり。列車内トイレもあり。

車窓は北海道のように牧場が続きます。

f:id:jun_53a_t:20160828121927j:image

 

トゥルク駅からバスターミナルまでの道のり

列車を降りたら、マーケットスクエアに向かいます。

この駅でも改札は無いので列車を降りたらそのまま駅を出て大丈夫。

 

マーケットスクエアまではひたすらお店が立ち並ぶ市街地です。人も結構歩いているので危なそうなところは見当たりませんでした。道路も碁盤の目のようになっていて迷いにくいです。

 

マーケットスクエアに着いたら、T7というバスのりばから6番か7番のバスに乗ります。行き先はナーンタリ(Naantari)です。

僕はバスを見つけたものの、そのバスで合っているかどうか不安だったのでバスの運転手さんに

僕「moomin?」

運転手さん「Yes.」

と確認しました。

 

初めに一人3ユーロ払って席に座ります。終点まで30分ちょっと乗りました。

f:id:jun_53a_t:20160828122009j:image

 

バスを降りてからムーミンワールドまでの道のり

 

着いたら先に料金を払っているのでバスを降りるだけです。同じバスにはいなかったのに、バスターミナルには日本人がちらほらいました。どうやらみんなムーミンワールドを目指しているようです。

 

ムーミンワールドに向けてしばらく歩くと、ベビーカーを押した家族連れがわんさか!

ヨーロッパ人はみんな車でここまでやってきて路上駐車をして、ムーミンワールドに行くようです。この人達に付いて行けばほぼ間違いないでしょう。

20分ほどで到着しました!

f:id:jun_53a_t:20160828122029j:image

ほとんど英語が喋れなくても、ツアーに頼らずここまで来れました。

帰りはまた6番か7番のバスでトゥルクまで行きます。

参考になった書籍&ブログ記事

suomi-isshoissho.com